ペットを飼っている部屋のマンション査定

マンション査定 ペット

犬や猫を飼育している部屋のマンション査定は、清潔であることはもちろん、臭い対策を万全にしておくことが大切です。

とくに、飼育不可のマンションでかくれて飼っている部屋や、生き物が苦手だったり毛などにアレルギーがある人が内覧に来た場合など、マンション査定においてマイナス要因になりそうなことを想定し、あらかじめペットを預けたりプロのクリーニングを依頼したりして飼育する前のクリアな状態にしておく必要があります。

すでにペットを飼っている人や、これから飼いたいという人がマンションの部屋を探す場合も、同様に現状の清潔さを求めるので、これらの費用は決して無駄にはならないといえます。

マンションの部屋の購入を考える人は、住民のマナーやエチケット意識も考慮しています。

そのため、ペット飼育のマナーを守ってきれいな部屋で実際に生活している場面を見ると、マンション全体の印象も良くなり、購入意欲や評価が高くなる傾向があります。