マンション査定に必要な必須資料に関して

マンション査定の入用実録は、原則として、明示点証明書(明示簿謄本=法務局で発行してできる権利人付き合い程度が記載されている公的な実録、いわゆる権利書ではありません)・自宅図面・公イラストレーション、そうして、抑制会社に毎月払う必要がある抑制費や改修積立現金の金額が明記されて要る抑制協約となります。また、マンション査定における入用実録ではありませんが、マンション査定の際にあると便利なのが、銀行が付与した月賦の残金が頷ける実録・確立資産租税の納税通知・マンション購入時の仕事承認書やキモ細目、またマンション購入時のパンフ程度です。つまり、マンション査定たまに、確立資産租税の納税通知があればマンションという不動産の平等な資産プラスが分かり、購入時の仕事承認書・キモ細目・パンフがあれば購入時に設置してある建物程度や集会場・パーキング等の共有パーツ等の意義が分かる結果、マンション査定における重要な規準シートとなります。なお、前述した入用実録や規準実録が無くても、マンション査定自体はOKことがほとんどです。